機能と特長

機能と特長


マニュアル

はじめに

このプラグインはGet Tweet In(ゲットツイートイン)と呼びます。
Get Tweet Inは阿修羅ワークス代表長岡が開発したオリジナルのワードプレス向けプラグインです。

Twitter APIキーの取得

Get Tweet InはTwitter APIキーが必要です。
また、Twitterアカウントが予め必要となります。ご用意下さい。Twitterアカウントの取得方法については省略させて頂きます。

Twitter APIは2019年8月以降ルールが変更されました。
基本的にはTwitter APIキーを取得するには利用申請手続きが必要となり、審査に合格しないとAPIキーが使えなくなっています。
※2019年8月以前に取得したTwitter APIキーについては一部、利用申請をしなくても良いようです。

Twitter API利用申請の注意点

Twitter API利用申請には注意点があります。
基本的にすべて英語でのやりとりとなります。ですが、翻訳ツールで翻訳すれば大丈夫です。

Twitter API利用申請は機械的ではなく有人目視で審査が行われます。
そのため、担当者によって承認のハードルが変わることがあります。
また、場合によってはいくつかメール(英語)で質問が来る場合があります。
その場合はメールに返信をする必要があります。

他に注意することは、Twitterではアカウントを10件ほど持てると公式でも謳われていますが、実際にはTwitter APIキーを取得できる件数に限りがあるようです。運にもよりますが、5件以上申請すると却下される可能性が高くなります。

審査に落ちてしまう理由

Twitter API利用申請で落ちる理由ですが、必須項目がきちんと記入できていない。
審査担当者から届いたメールに返信をしていない、といった単純なものは再審査を申し込めば合格する可能性があります。

しかし、過去にアカウントの凍結ペナルティを繰り返している場合は、ブラックリストに載って申請が下りない場合もあります。
その際は、新しく携帯電話の番号を用意して、まっさらな状態で審査を申し込むしかないようです。
※携帯電話も新しく用意して、昔のアカウントにはログインしてはいけません。紐付けられてしまいます。

審査に合格するには最新情報をチェックすること
人によってはなかなか審査に合格できない、2つ目のAPIキーが取得できないといった声を聞きます。
Twitter API利用申請の審査はちょくちょく内容が変わるので、こうすれば必ず合格できるといった攻略法は残念ながらありません。
そこで、一番いいのは最新の合格方法を試してみることです。 最新のTwitter API利用申請の合格方法は、ネット検索で1年以内に期間を絞り込むことで得られます。

最新のTwitter API利用申請の合格方法を調べる

Get Tweet Inを設定する
ツイッター設定

4つのAPIキーを取得したら、Get Tweet Inの設定画面を開きます。
[ ツイッター設定 ] というタブを開きます。

4つのAPIキーをそれぞれ以下の項目に入力します。

Consumer Key コンシューマキー
Consumer Secret コンシューマシークレット
Access Token アクセストークン
Access Token Secret アクセストークンシークレット

最後に自分のツイッターIDを入力します。

自分のツイッターID

[ 変更を保存 ] ボタンをクリックして保存します。
これでTwitterの設定は終わります。

テンプレート設定

Get Tweet Inではテンプレートのカスタマイズができます。
[ テンプレート設定 ] というタブを開きます。

テンプレートは大きく分けてオフィシャルフォーマットとオリジナルフォーマットがあります。
オフィシャルフォーマットはTwitterが提供するフォーマットで、お馴染みのデザインとなっています。
オリジナルフォーマットではユーザー側で自由にデザインを変更ができます。

ID指定ツイート

ID指定ツイートはショートコード IDが指定されていません。 を使用した場合に適用される設定です。
ツイートIDをショートコードで指定して呼び出します。
オフィシャルフォーマットまたはオリジナルフォーマットが選べます。

検索ツイート

検索ツイートはショートコード 検索キーワードが指定されていないためデータの取得に失敗しました。 (sがあることに注意)を使用した場合に適用される設定です。
検索キーワードをショートコードで指定して呼び出します。
オフィシャルフォーマットまたはオリジナルフォーマットが選べます。

オフィシャルフォーマット

オフィシャルフォーマットは定型ですので極力いじらないようにしてください。

オリジナルフォーマット

オリジナルフォーマットは ツイートのオリジナル表示フォーマットスタイル を変更することでデザインを変えることができます。
プレースホルダは以下のように変換されます。

ツイートIDに変換されます
スクリーンネームに変換されます
ユーザー名に変換されます
ユーザーアイコンに変換されます
ユーザー言語に変換されます
リンク無しツイート本文に変換されます
リンク有りツイート本文に変換されます
例 2018年1月1日の日付書式に変換されます
例 2018年01月01日 23:01:01日付書式に変換されます
添付画像1に変換されます
添付画像2に変換されます
添付画像3に変換されます
添付画像4に変換されます

検索ツイート用オリジナルフォーマット

検索ツイート用オリジナルフォーマットは基本的には「オリジナルフォーマット」とまったく一緒です。
検索ツイートのショートコード 検索キーワードが指定されていないためデータの取得に失敗しました。 (sがあることに注意)を使った時に適用されます。

単純なフォーマット例

初期設定ではTwitterの様々なギミックが付いてて、Twitterとひと目で分かります。シンプルにツイートだけにして、Twitter臭さを消すには以下のようにします。

<div class="getswin-wrapper">
<div class="getswin-content">

</div>
</div>

このフォーマットではユーザー名とユーザーのツイート(リンク無し)が表示されます。
使用しているテーマに合わせてデザインの変更にチャレンジしてみてください。

テスト方法

実際に使用する前にテストをしておきましょう。

ツイート取得テスト

ツイート取得テスト」はツイートIDを指定して表示するためのものです。
ツイートIDが分かっている場合に使用できます。
ツイートIDは「タイムライン取得テスト」で調べることができます。
ピンポイントで誰かのツイートを引用したい場合に利用します。

「ツイートショートコードを表示する」にチェックを入れるとショートコードが出力されます。

タイムライン取得テスト

タイムライン取得テスト」は特定または不特定のユーザーのタイムラインを表示します。
取得したいユーザーのIDを指定しない場合は、現在Twitterで投稿されている最新のツイートを取得します。

「ツイートショートコードを表示する」にチェックを入れるとショートコードが出力されます。

ツイート検索テスト

「ツイート検索テスト」は「検索したいキーワード」を入力すると、そのキーワードに応じたツイートを取得します。
検索するキーワードはTwitterの検索方法に準じます。例えばキーワードに「-(マイナス記号)」を付けると否定検索ができます。

文章にあるキーワードを含むツイートに絞りたい場合は、「文頭一致ワード」「文中一致ワード」「文末一致ワード」を指定してフィルタリングができます。

文頭一致ワード 文章の最初に一致するワード
文中一致ワード 文章の中間に一致するワード
文末一致ワード 文章の最後に一致するワード(。は除く)

例えば、最後が「楽しいね」で終わるツイートに絞り込みたい場合は「検索したいキーワード」に「ディズニーランド 楽しいね」と入力して「文末一致ワード」に「楽しいね」と入力して検索します。
なお、ツイートが存在せず取得できない場合は表示されません。ツイートは過去1週間以内までを検索できます。

ショートコードの使い方

ショートコードは2種類あります。

IDが指定されていません。 ツイートID指定ショートコード
検索キーワードが指定されていないためデータの取得に失敗しました。 ツイート検索ショートコード

ツイートID指定ショートコード

ツイートID指定ショートコードは記事中に以下のように指定します。idには取得したいツイートIDを指定します。

取得に失敗しました。

テーマテンプレート内やサイドバーウィジェットで表示する場合は「do_shortcode()関数」を使って以下のようにします。

do_shortcode( '取得に失敗しました。' )

コードの呼び出す位置に応じてechoやセミコロンで閉じて下さい。

ショートコードの使い方

ツイート検索ショートコード

検索ツイートショートコードは記事中に以下のように指定します。

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

keywordプロパティは必須です。その他は必要なければ省略可能です。

keyword 検索ワード
alt_keyword 検索ワードで検索結果が取得できなかった場合に再検索する代替キーワード
use_title 検索キーワードとして記事タイトルを使う
使う:1 使わない:0
use_search_type 検索キーワードとして記事タイトルを使う場合の条件
AND検索:AND OR検索:OR(初期設定ではAND検索)
before 文頭一致ワード
middle 文中一致ワード
after 文末一致ワード
cache_time キャッシュ時間(秒数)省略で半永久
view_num 表示件数
cache_num キャッシュしておくツイート件数
meta_key 同一ページで複数のショートコードを使う場合のメタキー名
word_cnt タイトルをキーワードとして使用する場合の単語の最低文字数
similar_del_func 1:類似ツイートを削除する 0:削除しない
limit_score 類似ツイートを削除する判定スコア
expression_fix 1:辞書を使って置き換える 0:置き換えない
include_entities true:画像を表示する false:画像は表示しない

テーマテンプレート内やサイドバーウィジェットで表示する場合は「do_shortcode()関数」を使って以下のようにします。

do_shortcode( '【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。' )

コードの呼び出す位置に応じてechoやセミコロンで閉じて下さい。

ショートコードの使い方

ショートコードの自動化と応用

ショートコードは他のプラグインと連携ができます。 自動投稿系のプラグインでテンプレートをいじれるのなら、そのテンプレート内にショートコードを挿入することで自動投稿と同時にツイートが取得できます。 ただし、検索ワードは必ず指定しなければならないので、検索ワードを指定して下さい。

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

検索ワードが取得できない場合は、「use_title」プロパティを有効化しておくと、投稿タイトルを検索キーワードとして検索します。

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。
同一ページで複数のショートコードを使う方法

ツイート検索ショートコードの検索キーワードが指定されていないためデータの取得に失敗しました。はサーバー負荷の関係上、同一ページに1つしか埋め込みできませんでした。
しかし、カスタムフィールドに保存するメタキーを分けることで複数のショートコードを埋め込み出来るようになりました(ver 1.5.0以降)。
※埋め込みの数を増やしすぎると、サーバーのスペックによってはパフォーマンスの低下に繋がるためお気をつけ下さい。

2つ目以降のショートコードを使うには「meta_key」プロパティを追加して下さい。
「meta_key」プロパティには任意の文字列を半角英数字で指定します。

例えば、2つ目のショートコードを「meta2」とした場合は以下のようにします。

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

3つ目であれば以下のようにします。

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。
Twitter API レートリミットについて
Twitter APIには使用制限があります

Twitter APIにはTwitter API レートリミットと呼ばれる制限があります。
制限を超えると一時的にその機能が使用できなくなります。時間が経つと回復します。

Twitter APIキーを複数のサイトで使い回している場合は、レートリミットは単純にその件数で割り算され、1サイトあたりのレートは低くなります。

Twitter API レートリミットについて

1日の投稿上限は2400件まで

ツイートすること自体の制限はありませんが、1日にツイートできる上限は2400件までとなっています。

検索は15分間に180回まで

検索は15分間に180回までとなっています。15分経過すると180回検索できるようになります。

フォローするのは15分間に15人まで

フォローは15分間に15人までとなっています。15分経過すると15人フォローできるようになります。

レートリミット制限に頻繁に引っかかる場合

レートリミット制限に頻繁に引っかかる場合は頻度を減らすか、複数のサイトで使い回しているAPIキーを減らすなど工夫して下さい。

API認証チェック

うまく動かない場合はTwitter APIキーが有効かどうかチェックしてましょう。

[ 設定 ] → [ API認証チェック ] をクリックします。

チェック方法

Twitter APIキーが有効かどうかをチェックします。取得したTwitter APIキー(Twitter Developerの開発者申請をして承認済みであること)を正しく入力して下さい。

Twitter APIキーはこちらから確認ができます。

入力するキーは4種類です。

・Consumer API key
・Consumer API secret key
・Access token
・Access token secret

最後に [ チェックする ] ボタンを押します。

以下のような画面が表示され「認証結果」が「APIキーは有効です」と表示されれば正常です。

画面下には自分のアカウントのホームタイムラインが表示れます。

エラーの意味

次に以下のようにエラーとなってしまった場合です。

エラーコードが「32」でエラーメッセージが 「Could not authenticate you.」と表示される場合は単純にTwitter APIキーの入力が間違っているか、APIキーがまだ承認されていないといった可能性があります。

もう一度Twitter APIキーが正しく入力されているか確認して下さい。

その他のエラー内容についてはこちらから確認できます。

ネットでエラーメッセージで検索すると原因が判明する場合もあります。 例えば「Twitter "Could not authenticate you."」のように検索します。